■ 男性に多く、特定の時期に連日頭痛が起きる群発頭痛

群発頭痛は奇妙な頭痛で、目がえぐられるような痛みで壁に頭を打ち付けたり、のたうちまわる人もいるという片頭痛よりも激しく痛み、1〜2ヶ月間、連日1〜2時間、季節の変わり目などに群発的に起こるが、時期が過ぎると何事もなかったように頭痛は起きない。

群発頭痛を起こす人はまれで数は少なく30代の男性に多く、片頭痛と同じく頭の血管の拡張が原因とみられ対処法は冷やしたほうがよく、激しい痛みが連日続くようになるので予防が必要でそのための予防薬もあるので病院での受診をお勧めします。

頭痛はどこがどのように痛いのか自分でもよくわからないことがあるので、冷静に症状を医師に伝えましょう。


激しい痛みが連日続くので、市販の鎮痛薬を服用することが多いと思われますが過剰の鎮痛薬の服用は逆に脳を敏感にしてしまい、頭痛を悪化させたり頭痛を誘発することがあるので注意が必要です。服用は多くても一ヶ月に10回ぐらいにとどめていたほうがよいようです。




■ 群発頭痛の予防対処法

予防

・季節の変わり目など頭痛が起きる時期には飲酒、喫煙は避ける
・頭痛が起きる時期は入浴はシャワー程度ですます
・睡眠不足にならないように注意する
・強い光を避ける
・気圧の変化に注意する
・医師の処方で予防薬を服用する


対処法

・痛い部分を冷やす
・冷やした牛乳を飲む
・暗く静かな部屋で安静に横になる


群発頭痛は原因がわからず頭痛のメカニズムよくわかっていません。生活習慣も関わっていると考えられ、規則正しく朝食、昼食、夕食をとり、日頃からストレスを貯めないように注意し、睡眠不足にならないように注意し、ストレスを感じたときには深呼吸などしてストレスを和らげるようにしましょう。


管理人も長い間複合型頭痛に苦しめられてきたが、それよりもよりももっと激しく痛み、連日続く頭痛はなかなか想像できない。群発頭痛に苦しめられている人は大変お気の毒としかいいようがない。季節の変わり目などは十分お気を付けください。