片頭痛強い光は片頭痛の原因


■ 片頭痛の原因の一つは強い光が原因

ズキンズキンと激しく痛み、吐き気を伴い、光や音に敏感になる片頭痛の原因はよくわかっていませんが、TOKYO FM クロノスで片頭痛の原因の37%は光が原因と放送していた。

英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」にも『米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター』の片頭痛の中には、光を浴びることが原因となり、光を浴びることで、片頭痛がひどくなる研究結果が掲載されているようです。


10年以上前になるかもしれないが、TVアニメでピカチュウを見た子供が頭痛、吐き気、めまいなどの症状がでて話題になったが、原因はフラッシュのような強い光が連続してでるシーンが影響したそうです。強い光は脳を興奮状態にして頭痛に関わる神経を刺激して頭痛を引き起こします。




■ 片頭痛の人は強い光は避ける

片頭痛が起きる人はできるだけ強い光は避ける。片頭痛はだいたい脳が興奮状態にあると考えられるので、脳を興奮させないように強い光はできるだけさけ外ではサングラス、屋内では間接照明などを使用して局所的に強い光を使わないようにすと良い。

光がやたらと眩しく感じられたり、チカチカとしたような感じがするときは片頭痛の前兆かもしれません。そういう時は目を冷たいタオルなどで冷やすとよい。



片頭痛が起きたら冷たい牛乳を飲むとよい。

片頭痛が発症したら部屋を暗くして目を冷やして冷たい牛乳を飲んで静か横になるのがよい。

片頭痛は脳内ホルモンで覚醒の役目のセロトニンがストレスや刺激で増えすぎ、そのセロトニンが枯渇することで血管が拡張して血管の周りの神経を刺激することで起こると考えられています。

牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれていてセロトニンの原料になります。セロトニンはさらに分解されてメラトニンという睡眠を司る脳内ホルモンに分解されます。

冷たい牛乳で体を冷やし、同時に足りなくなったセロトニンを増やすことができます。

セロトニンがメラトニンに分解されれば眠くなって寝ることができます。睡眠がとれれば頭痛は軽くなります。