片頭痛電磁波


■ 電磁波が片頭痛の原因の一つと考えられ、特にパソコン作業には気を付けましょう。

電磁波は脳によくないとか片頭痛を引き起こすとかいわれていますが、因果関係はまだよくわかっていません。以前、管理人の職場で朝から晩までパソコンの前に座って仕事をしていた新入社員の若い女の子が片頭痛で早退したり、会社を休んでいました。

パソコンからでる電磁波が片頭痛の原因の一つと考えられます。男性より女性のほうが電磁波の影響を受け易いといわれています。そのほかにもパソコン画面を見ていると画面を見ようとしてアゴを突き出すようなポーズになりやすくアゴに負担がかかりアゴ関節症となり、片頭痛の原因にもなります。

アゴを突き出すような姿勢のイラスト

パソコン画面を一生懸命見ようとして、まばたきが減れば、ドライアイや眼精疲労にもなりやすく、これまた片頭痛の原因になります。

パソコンやスマートフォンから出るブルーの色は不眠症の原因にもなるといわれています。不眠もまた、片頭痛の原因になります。パソコン作業で頭痛を起こさない方がふしぎなくらいです。

強い電磁波が出ているのはパソコン以外では、IH調理器、携帯電話、電子レンジ、ヘアードライヤー、テレビ、などがあり細胞分裂が活発な子どもや赤ちゃん、妊婦には影響が大きく、男性より若い女性の方がは影響を受け易いといわれています。




■ 電磁波カットグッズは効果があるのか?

電磁波カットグッズは、どうもあまり効果がなかったり、効果が曖昧だったりのようです。世の中、電気製品だらけでパソコンも携帯電話も使わないわけにはいきません。

防衛策としては距離をおいて なるべく短時間での使用するぐらいしかないようです。

パソコン作業も画面に近づきすぎず、適当に休憩をいれて行うようにしましょう。電磁波と健康との因果関係まだ、はっきりわかっていないので神経質になる必要はないのかもしれませんが、片頭痛の原因の一つである疑いは大です。


20分程度の昼寝は、頭がすっきりし、夜の睡眠にも影響がないそうです。それと同じで1分間睡眠を20回程度繰り返すのも頭がスッキリするそうです。理由は、パソコンで映像処理には容量がたくさんくいます。我々、人間の脳も同じで目からの情報は脳が疲れます。そこで脳を少し休ませてあげると脳がスッキリするということです。

パソコン作業は時々、電源を落として電磁波を遮断し、1分程度の昼寝又は目をつむっているだけでも片頭痛にはよいかもしれません。