噛み合わせからくる頭痛噛み合わせで頭痛、肩こりになる


■ 頭痛・肩こりの原因に噛み合わせが多くある

噛み合わせが悪いと肩こり、頭痛になると聞いたことはあるがまさか自分の肩こりが噛み合わせの悪さが原因と考えている人は少ないと思います。管理人もそうでした。歯並びが悪いから噛み合わせが悪いとは限らず奥歯が低いと顎がずれることが大きな原因となります。

頭痛で病院に行く人も少ないのではないでしょうか。最近では頭痛外来もできていますが多くの人は市販薬で辛い頭痛をしのいでいるように思えます。しかし、病院にいっても頭痛を鎮める治療はしてくれても原因を取り除く治療はあまりしてくれないのが現状のようです。原因は噛み合わせの悪さから体が歪み、顎や首、肩などの筋肉が緊張し血行が悪くなり肩こりや頭痛を引き起こすことが多いのです。また、噛み合わせの悪さから脳に変な信号が伝わり脳が興奮状態になり片頭痛を引き起こしたりします。しかし噛み合わせは歯科医の領域で一般の病院では診療してくれないし知識もあまりないようです。

噛み合わせが原因の場合、噛み合わせを直さない限り肩こり、頭痛からさよならすることはできなせん。噛み合わせを矯正治療もしてくれる歯科医もあり効果も上がっているようですが管理人は歯科医からアドバイスはもらいましたが矯正治療は受けたことはありませんが頭痛、肩こりからさよならできました。といっても自己流ですから噛み合わせが完全によくなったわけではありませんが足りない分は普段のケアで頭痛、肩こりはなくなりました。

また、噛み合わせは頭痛や肩こりだけでなく不眠症、耳鳴り、腰痛、、自律神経失調症、生理痛、生理不順、高血圧症などの原因になり噛み合わせが実は体全体に影響しているのです。




■ 噛み合わせの矯正の方法

だいたい、日本食は柔らかく顎の発達が悪くなり、そこへ永久歯が生えてくるので奥歯の高さが低くなりやすい。外人の中には柔らかい日本食に馴染めず、肉は赤身しか食べず、ご飯はおこげばかり食べる人もいると聞きます。私も学生の時奥歯が虫歯になり歯科医で診てもらうと「この歯は完全に横にはみ出しているのでいらない歯だ。抜いてしまいましょう。」と言われ、抜かれてしまいましたが、歯を抜いた後も歯の隙間は全くなく、虫歯になった奥歯は横にハミ出し少しかなり歯ぐきに埋もれていたので今でもその部分は少し窪んでいます。

奥歯が低いとその分深く噛むようになりますが、深く噛むことで顎がずれます。顎がずれると身体全体が歪んできます。特に首への負担が大きくこれが問題です。

噛み合わせが悪いと下顎がずれ頭部が前に倒れ猫背になります。重い頭部を支えている首、肩などの筋肉が緊張し、筋肉の緊張状態では自律神経の緊張の交換神経が優位に働き続けるようになり、交換神経は毛細血管を収縮させ血圧を上げ心臓に早く血液を戻そうとします。当然、血行が悪くなり肩こりがひどくなります。休日など日頃のストレス状態から開放されリラックス状態になると緩和の副交感神経が優位に働くようになり、毛細血管を一気に広げます。脳においては脳細胞を拡張した血管が圧迫することになり、頭痛が起こります。

噛み合わせがよくなると首、肩などの筋肉は緊張しないので緊張の交換神経が興奮状態にならず無用に毛細血管を収縮させないので肩こりも少なく頭痛の原因が取り除かれるのです。

最近行われている治療はバイオプレートという樹脂製の特殊なマウスピースを、主に就寝時に装着するだけで噛み合わせ、下顎のずれの矯正ができ毛細血管を収縮させる緊張の交感神経の常時興奮を抑える事ができ肩こり、頭痛がなくなるというものです。管理人は残念ながら20年以上前からの頭痛持ちでその当時こんな治療はなかったのでこの治療の経験はありません。まあ、現在においてもどの歯科医でもこのような治療をしてくれるわけでもなく、限られた歯科医で行われている治療なので多分、管理人は頭痛が再発してもこの治療は受けられないと思います。

管理人の場合片噛みによる噛み合わせの悪さからくる頭痛、肩こりなので両方の顎で噛むことでかなり改善され、割り箸を横のして奥歯でしっかり噛み「アイウエオ」と発音するだけで噛み合わせがかなり改善されました。

頭痛は噛み合わせだけでなく、ストレス、運動不足からも起こるので日頃のケアが重要でケアすることで管理人は頭痛、肩こりからさよならすることができました。具体的には半身浴で長風呂すること血管マッサージです。それに睡眠です。ストレスを緩和しストレスに強くなるには睡眠の質を上げ睡眠時間を充分確保することです。



■ 噛み合わせが悪い人の特徴

噛み合わせからくる頭痛は片頭痛です。片頭痛は頭の左右どちらかが特に痛み、脈動に合わせてズキン、ズキンと痛くなります。これは血管が膨張して神経に当たって痛みを感じているからです。


噛み合わせが悪い人の身体的特徴
・猫背
・首の傾き
・肩の高さが左右で違う
・顔の筋肉がこる。顎、顎の付け根、ほおの上あたり、目の周りなど
・口を開けて噛むかっこうをするとどちらかの顎が先に動きクネクネして閉じる。
・靴の減り方が左右で違う
・上の歯が下の歯を1/3以上隠している。下の歯の隠れ方が多い人ほど問題がある
・奥歯で噛んでも、前歯が空いている
・前歯の上下の真ん中の線が一致せず、どちらかにズレている
・口を開けると顎が鳴る
・頬を間違えてよく噛む
・顎が疲れやすい
・歯ぎしりをしたり、歯をくいしばることが多い


以上のようなことに当てはまる人は噛み合わせが原因の肩こり、頭痛の疑いがあります。日本人は顎の発達が悪いので多くの人が当てはまるとおもわれます。

特に片方の顎ばかりで噛む片噛みの癖からくる頭痛は強烈でなかには歩けなくなる人もいるようです。この噛み合わせの悪さにストレスが加わるとますます頭痛に成りやすくなります。噛み合わせを直して頭痛・肩こりからさよならしましょう。