緊張型頭痛・肩こり血管マッサージ


■ 血管マッサージで血液拡張神経を刺激して血行を良くする。

ストレスや運動不足で肩、首などの筋肉の血行が悪くなると筋肉が緊張し肩こりとなりひどくなると頭痛を引き起こすのが緊張型頭痛です。

肩、首、頭、顔などの血管に外部から血管マッサージで刺激を与えると血管の周りの血液拡張神経が興奮して血管をを広げ、その部分の筋肉の血行がよくなり筋肉の緊張つまり、こりが和らぎます。

もちろん、血管マッサージといっても直接血管に触れるわけではありませんが、一般的な筋肉をほぐすようなマッサージではなく、皮膚の上から筋肉と骨をずらすようにマッサージし筋肉の下を骨にそって走っている動脈血管に刺激を与えるのです。

片頭痛が発症しているときは血管が拡張しすぎて血管の周りの神経が興奮して頭痛を引き起こしているので血管マッサージはしてはいけません。頭痛がひどくなります。普段の生活の中ですれば片頭痛の予防になります。

ストレスなどで血液循環が悪くなると高血圧や糖尿病などの生活習慣病や老化の原因になります。血管マッサージは全身で行えば生活習慣病や老化の予防と改善になります。




■ 血管マッサージの方法

一日一回で10〜20分程度でできます。順序はどこからでもかまいませんが頭のほうから下のほうに降りてくるほうが順序的にやりやすいです。

朝は忙しい時間帯ですが目覚めにベットで行なう習慣をつければ朝から元気に頭痛のない一日を過ごすことができます。

管理人も朝、ベットの中で行っています。できれば全身くまなく行ったほうが健康になれます。血液循環が悪くなると老化や各種の病気の原因になります。特に高血圧には要注意!

動脈血管マッサージの基本の形 基本
手のひらをマッサージする部分に置き、筋肉をつかむように押さえるようにし、筋肉と骨をずらすように上下、左右に動かします。揉みほぐすのではなく、骨に沿って筋肉の下を走る動脈血管を皮膚の上から意識して皮膚と筋肉をおさえたまま骨からずらすようにマッサージし、場所を変えていきます。
頭のてっぺんの動脈血管マッサージの形 頭のてっぺんから頭全体
両手のひら又は手の甲を皮膚に密着させて上下左右に動かす。頭全体をマッサージし痛みを感ずる箇所は入念に行う。
こめかみの動脈血管マッサージの形 こめかみ
指の腹又は手の甲で押すように上下左右に動かす。こめかみだけでなく周辺もおこなうと良い。
ほほの動脈血管マッサージの形 ほほ
指の腹又は手の甲で押すようにして円を描くように動かす。
額の動脈血管マッサージの形
両手のひらを皮膚に密着させて形で指の腹で上下左右に動かす。
鼻の動脈血管マッサージの形
鼻の横を指の腹でおさえ上下左右に動かす。
鼻の横には動脈が通っています。
まぶたの動脈血管マッサージの形 まぶた
目を閉じ、眼球を圧迫しないように軽くまぶたと目のまわりに当て指で包み込むようにして上下、左右にずらすように動かす。
目のくまが出る人は動脈マッサージをする前に目の周辺を蒸しタオルで温めると効果的、入浴後も同じように効果的
蒸しタオルは小さめのハンドタオルを濡らして、電子レンジで温めれば簡単
耳たぶの動脈血管マッサージの形 耳たぶ
手で耳たぶをつかみ鼓膜を動かすようなつもりで上下左右に動かす。
あごの動脈血管マッサージの形 あごとあごのツケネ、口の周りの筋肉、
指の腹や手の甲でおさえて上下左右に動かす。痛みを感じる箇所は入念にマッサージ
あご、口の周りの筋肉は片方の歯ばかりで噛むなどの噛み合せの悪さから体が片方に傾き、強烈な頭痛を引き起こします。また、噛むこと自体大きな力が加わり痛みの原因になります。
首の上の動脈血管マッサージの形 首の上
手のひらではさみ、指の腹で上下左右にもむような感じで動かします。
睡眠時のいびきや無呼吸症候群を防ぎます。また、甲状腺ホルモン・チロキシンの分泌を促し、全身の代謝を活性化させます。
首のつけねの動脈血管マッサージの形 首のつけね
手のひらではさみ、指の腹で上下左右にもむような感じで動かします。
頚動脈が走っています。
首の後ろの動脈血管マッサージの形 首の後ろ
両手を首の後ろで組み、うなじをおします。
首の横側の動脈血管マッサージの形 首の横側
首の横側も同じように両手を組み、頚動脈に沿うようにおします。
鎖骨のくぼみの動脈血管マッサージの形 鎖骨のくぼみ
鎖骨の上のへこみをぐりぐり動かす要領でマッサージします。
筋の部分があり、これをマッサージで刺激すると効きますよ。筋をグリグリするとビンビン感じ肩の後ろの方のこりが和らぐ。
肩の動脈血管マッサージの形
肩は手のひらで上下にさするようにマッサージします。
ワキの下の動脈血管マッサージの形 ワキの下
ワキの下もよくもみなす。
上腕の動脈血管マッサージの形 上腕
片手で腕をつかみ、上下に、また左右にねじるように動かします。
下腕の動脈血管マッサージの形 下腕
上腕と同じように片手で腕をつかみ、上下に、また左右にねじるように動かします。
ひじの動脈血管マッサージの形 ひじ
ひじは内側と外側を両方よくもむ。
手の甲の動脈血管マッサージの形 手の甲
指の腹でよくもみます。
手のひらの動脈血管マッサージの形 手のひら
指の腹でよくもみます。
手の指の動脈血管マッサージの形 手の指
指は1本ずつ握って前後左右に回します。