緊張型頭痛・肩こり肩こり体操


■ 病院でもらったパンフレット『簡単にできる肩こり体操』の紹介

肩こりがひどくなると緊張型頭痛になります。肩こりには肩こり体操が効果がありますが肩こり体操も簡単にできないと長続きしません。管理人は半身浴で長風呂をしますが、これで肩こりは改善して頭痛になることはなくなりましたが、長風呂なので退屈してしまうので『簡単にできる肩こり体操』もしています。

入浴中もそうですが入浴後も肩が温まっているので効果的です。無理をせずゆっくり運動することが大切です。

肩こりが原因で緊張型頭痛が起こります。日頃のケアが頭痛予防になります。それにはお風呂でリラックスして温まり血行をよくして筋肉のこりをとることと簡単にできる肩こり体操が効果的です。




■ 簡単にできる首の体操・肩の体操

1.無理をせずゆっくり運動することがたいせつです。
2.1日1〜2回、1つの体操を10回位行います。
3.入浴後など肩をあたためてから行うと効果的です。


ここまで簡単なら続けられます。肩こりからさよならしましょう。

首の体操
不思議なことに「肩こり」という表現は日本にしかありません。外国では「首がこる」という表現になります。日本人だけに肩こりがあるというのもおかしな話ですが、肩こりの大きな原因は首にトラブルがあることが多くあります。
首のこりを和らげることは肩こり予防になります。簡単なので仕事の合間や入浴中でもできます。
首の体操-1 @首をゆっくり前に倒し、ゆっくり戻す。
Aゆっくり後ろに倒し、ゆっくり戻す。
首の体操-2 @首をゆっくり右に倒し、ゆっくり戻す。
Aゆっくり左に倒し、ゆっくり戻す。
首の体操-3 @首を左から右へゆっくり大きく回す。
A同じように右から左へ大きく回す。


肩の体操
肩の体操-1 @両腕を体につけて肩を上にあげる。
A次にゆっくり肩をおろす。
肩の体操-2 @腕を伸ばし、肩を後ろから前へゆっくり回す。
A同じように前から後ろへゆっくり回す。
肩の体操-3 @両手を頭の後ろで組む。
A両ひじを後ろに引く。
B頭で手を押す。