腰痛寒い秋冬の腰痛対策


■ 寒くなると腰痛が再発・悪化しがちですが腰部を温めて腰痛対策

寒くなると血行が悪くなり、腰痛が再発したり、悪化したりします。同じ姿勢を続けていると筋肉も動かず、寒さで血行が悪い上にさらに血行が悪くなり腰痛の原因になります。

腰部を温めてやると血行がよくなり腰痛が改善されます。寒くなると下着に貼るカイロで温めれば腰痛予防になります。

今現在、ギックリ腰になったというような場合は筋肉が炎症しているのでスポーツ選手がゲームの後に行っているアイシングのように冷やして炎症を抑える方がよいのですが、その他の腰痛は温めて血行をよくしてやれば予防・改善します。

それに腰を温めていると体全体が暖かくなり、動きやすくなります。秋冬の寒い日にずっと椅子に腰掛けパソコン作業して急に立ち上がったりすると腰痛になったり、あるいは強烈な痛みを伴うギックリ腰になったりすることがありますが、腰を温めているとこのようなことはなく安心です。腰痛のある人には貼るカイロは腰痛対策に必要なアイテムになります。



■ カイロを貼って腰を暖める

椎間板ヘルニアの管理人は、寒い季節になると「お、この寒さは腰にヤバイ!」ギックリ腰になる予感を感じるときがあります。腰を温めてやればリスクはほとんどなくなります。

ヒートテックの下着やタイツを履いて暖かくしさらに貼るカイロを下着の腰の位置に貼って腰を温めます。それでも同じ姿勢で座っていると時々軽い腰痛を感じることがあります。


管理人は背骨を中心に貼るカイロを1枚貼っていますが、背骨を堺に2枚貼ったほうが効果は大です。

最近はスマートフォンから電源をとり、薄いパネルで温めるる電気式のものもあるようです

激痛の腰痛になってはたまりません。なる前に腰を温めて予防しましょう。

それに体が暖まっていれば、活動的になれます。寒い季節でも縮こまらず元気よく健康に過ごしたいものです。