■ 坐骨神経痛とは

『坐骨神経痛』は病名ではなく症状をさす言葉で、症状としては腰痛だけでなく、お尻から足の裏側、側面にかけて痛みやしびれ、麻痺などの神経の痛みで、坐骨神経が圧迫されたり、せり出し変形した軟骨が坐骨神経に触って刺激することで症状がでます。

坐骨神経痛の特徴は腰痛が起こり、続いて足の痛み(下肢痛)やしびれ、違和感が起こります。坐骨神経は長いので腰以外の箇所にも痛みがでます。ひどくなると麻痺や痛みで歩行障害を伴うこともあります。また、急性に起こるものは、いわゆるギックリ腰で凄まじい痛みを伴い歩行困難になります。

坐骨神経痛の主な原因は腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアがあります。その他にも帯状疱疹などのウイルス感染が原因になることがあります。


腰痛のある人で足のしびれや違和感、痛みなどが加わり出すと坐骨神経痛を疑ったほうがよいです。



坐骨神経

坐骨神経は体の中で最も太く長い抹消神経で腰から骨盤、足、足先まで伸びて長さは1m 以上もあります。

坐骨神経は脳からの運動指令を伝え、歩く、身体のバランスをとるなどの働きをし、太ももと足の筋肉を支配しています。





■ 坐骨神経痛の原因・・・腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄

腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)と難しい名前がついていますが、神経が通っている脊柱管という部分が老化や骨粗鬆症で狭くなり、神経の根っこの部分の神経根や神経の束の馬尾神経が圧迫されて、痛みやしびれ、麻痺といった症状がでる病態です。


腰椎椎間板ヘルニア

背骨を構成しているそれぞれの硬い骨を椎体といい、椎体と椎体の間で椎間板といわれクッションの役割をしている軟骨部分の中心にある髄核の一部がせり出し変形して、そのせり出し変形した部分が神経が通っている脊柱管を圧迫し神経根や馬尾神経を刺激して痛みやしびれ、麻痺といった症状がでる病態です。